ワンセグチューナー 車にも搭載できるワンセグチューナー



ワンセグとは?

木村拓哉のCMではないが、携帯で主流になった「ワンセグ」とはどんなものでしょうか?
大雑把にテレビが見れることは分かりますよね?

ワンセグとは、1セグメントを略しています。携帯でのTV視聴を考慮した規格で、
地上デジタル(地デジ)より解像度が劣っています。

※ワンセグ:最大320×240、秒間15フレーム

地デジを別の呼び方にすれば、13セグメントと言えます。つまり、ワンセグは地デジの13ある
セグメントのうちの1つを使っているのですね〜  分かりました?

そんなワンセグですが、最近はケータイ以外にもPC外付けのワンセグチューナーワンセグ 内臓PCワンセグ専用機やワンセグ機能搭載複合機、等など選択範囲も増えてきました。

中でも車で見れるワンセグチューナーは家族連れやカップル等、欲しいものランキングで上位に顔を出しています。

ワンセグ専用番組の放送(非サイマル放送)

2008年4月に3年目を迎える携帯電話向け地上デジタル放送(ワンセグ放送)は、改正放送法によって新たにワンセグ専用番組の放送 (非サイマル放送)が可能になります。


日本テレビは、2008年シーズン中にプロ野球巨人戦を中継する番組「ワンセグ・プレミアムナイター」で、 非ワンセグ放送を2段階に分けて実施。非ワンセグ部分は関東ローカルのみの放送でCMなしの展開となる。


ワンセグ放送

地上デジタル放送のワンセグは、2006年4月1日から三大広域圏(都市圏)と、
13の県の放送局で始まりました。


ワンセグ放送エリアですが、携帯電話のエリアとは違っているので注意が
必要です。また、見れる番組数も地域によって異なります。


今ではワンセグは携帯電話以外にもPCや専用端末で見ることができますが、
最初は携帯電話から始まったこともあり、ワンセグ受信エリア=携帯電話
エリアと思っている人が多いのも事実です。

ワンセグ放送エリアについてはこちらのページを参照して下さい。

>> http://www.d-pa.org/1seg/index.html


またワンセグは携帯電話やカーナビといった移動端末での利用が多いので
路上・屋内など地上10m未満の高さで受信する場合、放送区域内でも受信時に
電界強度が弱い場合は受信できないことがあります。


ワンセグ放送の問題点としてアナログ放送に比べて4秒ほど遅延して受信
されるという点があります。

アナログ放送と比較しないと分からないので不都合が無いと言えばそれまで
なんですが・・・

あと、携帯電話でワンセグ放送を見る場合には料金はかかりません。
念のため・・・

余談ですが、ワンセグ使用のシチュエーションとしてある調査会社が行った
結果として個人が夕方使用する場合が多いとの事。

当初は屋外で見る機会が多いと予想されていたのですが、いざふたを開けて
みたら、自宅で見る割合が多いことが分かりました。

自分の部屋にTVが無い人がワンセグ携帯をTVとして使っていたのです。

ワンセグ番組

ワンセグのEPG(番組表)ですが、番組タイトルと詳細情報が送られており、
対応機器で見ることができます。

但し、送られているのはそのテレビ局の分だけであり、他局の番組表はそのテレビ局を
受信しないと見ることができないようになっています。
(蓄積して複数局分見られる機器もあります)

この点が地上デジタルの番組表とは違っていますので、注意が必要です。


また、見ることができるのは現在の所放送中番組を含め最大10番組程度の様である。
(テレビ局により3番組分しか放送していないところもある)

よって実際にはどうのような表示にするかはソフトウェアの出来栄えによるところが
大きく、これが使い勝手を左右する結果となる。

ワンセグ端末を選択する場合にEPGはあった方が良いのは当然として使い方も含めて
考えた方が良いと思います。


ワンセグには、「データ放送」というものがあり、文字を中心に、ニュース・天気・
交通情報など番組から独立した情報を提供するほか、番組に関連した情報なども提供
されています。中には携帯電話のような双方向通信機能を使ったサービス、通信経由の
詳細な情報とも組み合わせ、各種情報が使うことも出来ます。